アプリの広告に思う「街頭インタビューのリアクション」

この写真、新橋駅で撮りました。
「これさえ見ておけば、
突然SL広場でニュース番組の取材を受けても、
それらしいことが言えますよ」
というニュースアプリの広告です。

そう。確かに、新橋駅のSL広場は
街頭インタビューのメッカです。
インタビューを受ける人にとっては、
「そのニュースを知らなかった」ということが
ちょっと恥ずかしいと思う人もいるかもしれない。

でもね、ニュース番組のリポーターをしていた
アタシに言わせてもらえれば、
取材する側の目的は、
「インタビューを受けた人が
 そのニュースを知っていることが前提ではない」
こともあると思うのよ。

ニュース番組の街頭インタビューは、
「そのニュースを初めて知った人の
 リアクションを撮る」
という意味もあるからなの。

例えば先日、
超大物スターが結婚したでしょ?
あのニュースも急な発表だったから、
当然、街頭インタビューを撮りに行くわよね。

テレビでよく見る映像は
「えええ~っ!!そうなんですか?!」
っていう感じでしょ?
取材する側は、こういうコメントが欲しいわけですよ。
こういうリアクションは、
「そのニュースを知らない人」
にしかできないわよね。

知っている人なら
「ああ、そうみたいですね。
 おめでとうございます」
っていう感じになるわよね。
これじゃ、ちっともおもしろくない。

そもそも、街頭インタビューの意味は
「いろんな人のいろんな反応を撮る」
っていう目的だから、一般の人たちは
「その場で思いついたこと」
を言えば充分だと思うの。

先にニュースを知っていて、
コメンテーターみたいな
「それなりのこと」
を言う必要はないと思うのよねぇ。

ま、それでも
このニュースアプリの広告を見て
アプリをダウンロードする人も
いるんだろうなぁ・・・。( ̄▽ ̄)